結婚内祝いにふさわしいプレゼントの種類を知ろう

真心プレゼント

アイテムの選び方

カップル

結婚内祝いで贈るプレゼントの選び方

結婚内祝いにはどのような品を選んでプレゼントしたらいいのでしょうか。お祝いを頂く相手は年齢や男女の関係なく様々な人になります。贈る品をそれぞれに合わせる場合も、そうでない場合も意識したいのが実用的であるかどうかです。どこの家庭でも使えるようなものを選べば、失礼になることはないでしょう。

選んではいけないものをチェック

割れ物や刃物がタブーというのは一昔前のことで、最近はそこまで気にする人は少なくなっています。それとは別に避けたほうがいいものは、贈る相手の趣味や趣向に合わないようなものです。絵画や置物は相手のことをよく知らないとなかなかプレゼントとしては難しいでしょう。また、目上の人に靴や靴下、髪をとく「くし」を贈るのは縁起が悪いと言われています。

残るものよりは消えるものがいい

いつまでも形に残るようなものは、貰った相手が困ってしまう場合があります。例えば、新郎新婦の名前や写真入りの食器や置物です。使うのも処分するのにも困ってしまうようなものを避けて、食べ物や洗剤のように便利で残らないものが良いでしょう。

食べ物をおくる場合も注意が必要

食べ物を結婚内祝いで贈るというときに気をつけたいのが、賞味期限の短いものや相手が嫌いなものかどうかということです。紅茶やお肉、魚介類などいろいろなものがありますが、中には贈ったものが嫌いだという人もいるでしょう。お米のように好き嫌いが別れないような困らないものを選ぶということも大切です。

結婚式の内祝いでプレゼントに選ばれるもの

今や定番になったカタログギフト!

カタログギフトのいいところは貰った相手が好きな品を選ぶことができるという点です。必要な日用品を選ぶことも、美味しい食品を選ぶこともできます。老若男女問わず多くの相手に喜ばれる結婚内祝いとして定番になっているものです。

実用的で便利なギフト券や商品券

こちらも好きなものを購入することができるので、いろんな人に合わせられるプレゼントです。ただ、人によってはお返しとしてもらうには気持ちよくないと感じてしまう可能性もあります。便利で実用的ですが贈る相手のことを考えてプレゼントしましょう。

たくさん味わえるスイーツやお菓子

人数が多い家庭でも喜ばれるのがスイーツやお菓子です。詰め合わせであればいろいろな味を楽しむことができますし、普段なかなか買わないようなお菓子を贈ることで喜んでもらうことができます。職場や会社の関係者など多くの人がいるところでも活躍できるプレゼントでしょう。

高級でも普段使いできるものでも嬉しい食品

ちょっとお高めなお肉や、いつでも使える美味しいお米、長く保存ができる加工食品などいろいろなものがあります。結婚式の時期や結婚内祝い贈るタイミングに合わせて季節感のある食品を選ぶという人も少なくありません。

タオルや日用品

タオルはいくつあっても困るものではないということで、内祝いの定番となっているものです。ただ、普段使い用というものではなく、ちょっとギフト向けの良いものを贈ることがポイントになるでしょう。他の日用品も使い勝手が良いものをチョイスしましょう。