結婚式を挙げる前に知っておきたい結婚内祝いのプレゼント選び|真心プレゼント

結婚式の前に結婚内祝いのプレゼントを考えよう

真心プレゼント

結婚内祝いの主なプレゼント

カップル

アイテムの選び方

結婚内祝いでは年齢や男女関係なく喜んでもらえる、実用的なものをプレゼントにするといいでしょう。割れ物や刃物以外のタブーな物を知っておくことも大切です。贈る相手のことを考えた品やたくさんの人に喜ばれる物を探しましょう。

READ MORE

内祝いのマナーと知識

プレゼント

結婚内祝いについて知っておこう

幸せな結婚式を開くという人はその前にいろいろな準備が必要となります。式場の選びから始まり、食事やドレスの打ち合わせ、指輪の準備や招待状の送付などで大忙しです。そんな中で忘れてはいけないものの1つが結婚内祝いで渡すプレゼントのことでしょう。

結婚内祝いとはどういったものなのか

結婚祝いというと、これから結婚する新郎新婦へのプレゼントのことです。職場の関係者や友人、肉親から二人に渡すお祝いの品のことを指しています。一方、結婚内祝いというのは、結婚式や披露宴に招待できなかった人や欠席した人に向けてお祝いを頂いたときにお返しするプレゼントのことなのです。

欠席した人以外に内祝いを贈ることもある

一般的には、出席できなかった人へのお返しとして理解されています。しかし、本来は身近な人と喜びを分かち合う内々のお祝いという意味もあるのです。引き出物が頂いたご祝儀に比べて不十分だった場合、結婚式や披露宴に出席した人でも内祝いをお返しすることがあります。

結婚内祝いに関するマナーや疑問を解決!

渡すときは手渡しじゃなきゃダメ?

本来であれば、訪問して直接手渡しをするのが正しい方法でしょう。しかし、遠方でなかなか足を運ぶことができないという場合もあります。そのため、最近では宅配を利用することもあるようです。その場合はお礼状やカードを添えておくといいでしょう。

贈る時期に決まりはあるのでしょうか?

結婚内祝いは、結婚式から1ヶ月以内に贈ることがマナーだとされています。結婚式をせずに入籍をしただけという場合は、お祝いを受け取ってからの1ヶ月以内になるでしょう。結婚内祝いには結婚したという報告の意味もあるので遅すぎないように気をつけましょう。

相場の金額ってどれくらいなの?

結婚内祝いの金額というのは頂いたお祝いの金額によって決まってきます。「お祝いの半返し」というのが一般的で、頂いたものの半額程度のものを用意するようにしましょう。ただ、最近では頂いたものに関係なくみんな同じものをお返しとする場合もあるようです。

結婚内祝いの「のし」のマナーは?

冠婚葬祭で何かと気になる「のし」ですが、結婚内祝いの場合は結び切りの物を使いましょう。蝶結びのものは何度も行う慶事に使われるものです。結婚の場合は繰り返すことがないように結び切りを使うのです。また、夫婦連名で名前を書く場合は新郎の姓名の左隣に新婦の名前を記載します。

贈ってはいけないものってあるの?

一昔前までは割れ物や刃物はダメだと言われていました。なぜなら、刃物や割れ物は「縁を切る・別れる」を連想させるためです。しかし、最近ではそういったことを気にしない人も増えており親しい間柄であればあまり気にしなくてもよいでしょう。送る相手を考えて選ぶことが大切です。